鉄骨の注文住宅

鉄骨の注文住宅 注文住宅は予算が許す限り建築の構造が可能な限り、注文主の理想を叶えられる住宅です。国産の天然木をふんだんに使った贅沢な純和風の家も建築可能ですし、海外から取り寄せた部材を使った洋風の建物も建てることが出来るのです。
住宅は木造だけではなくて、鉄骨造の工法で依頼することも可能になります。木造住宅よりも頑丈な構造をしており、耐震性に非常に優れているのが鉄骨を使う工法になります。構造が頑丈なために内部の空間レイアウトの自由度が高く、大きな空間を作ることが出来ます。建物の強度が高いために、長く暮らせるというメリットもあります。シロアリや腐りにも強いために、耐久性が高いのです。
注文住宅として選ぶなら、施工出来るメーカーや工務店は限られてくるために、事前のリサーチは必要になります。坪単価の費用も木造よりも高くなる傾向にあるため、希望の間取りに合わせた見積もりが必要です。土地の地盤強度によっては、地盤強化工事が別途必要になるために相談の上で工事に入ることが重要です。

シックハウス対策の換気や排気について

シックハウス対策の換気や排気について 住宅を建てる場合には、建売住宅や注文住宅などとすることが考えられますが、いずれの方法でも現行の建築基準法や消防法などに準拠した仕様で設計と施工がなされますので、安心して購入ができます。災害の多い我が国では、過去に起きた大地震や災害や大規模火災の発生を受けて、建物建設に関する法律の改正がなされてきました。地震発生を受けて、建物の構造はもちろんのこと、設備機器に関しても耐震仕様とすることが義務付けられたのはその一例です。
同様に、クロスや断熱材になどに含まれている揮発性有機化合物に過敏に反応してしまう人への配慮と、住んでいる人が健康的な生活を送ることができるようにするため、シックハウス対策の実施が建築基準法に追加されました。使用する建設資材は、特定の有機化合物の発散が一定以下であるものとすることと、居室を24時間機械換気をすることで発散した化学物質を室外に排気することが必須となっています。
このように、注文住宅であっても建売住宅であっても、現行の法律に準拠した仕様で設計施工がされています。