RC造の注文住宅は可能?

RC造の注文住宅は可能? RC造とは鉄筋コンクリート造のことですが、もちろん注文住宅も建てられます。日本においてはビルやマンションはほぼ鉄筋コンクリート造でしょうが、一戸建ての建売住宅は木造のことが多いでしょう。つまり、鉄筋コンクリート造の注文住宅は建てられるかというよりも、注文でなければ普通は手に入らないといったほうが正確かもしれません。

RC造の住宅のメリットとしては、耐震性、耐火性、断熱性それに遮音性に優れるといったことがまず挙げられます。これらは住宅として求められる機能であることは間違いないでしょう。一方、メリットばかりではありません。やはり木造と比べると建築費用が割高になります。ただ、耐久年数のことまで考えに入れれば決して高い買い物ではないかもしれません。

そして、高い断熱性は一方では湿気がこもりやすく、結露やカビが発生しやすいということも挙げられます。一戸建てでありながらマンション的な暮らしになると言えばイメージしやすいかもしれません。

注文住宅建築にあたっては気密性を確保しなければなりません

注文住宅建築にあたっては気密性を確保しなければなりません 昨今の注文住宅では気密性が重要なポイントとして注目されています。快適に生活できる住宅であるためには、断熱性能と合わせて大切な基準となってきているのです。簡単に言えば、隙間が極端に少ない家であることを証明することになります。中には、風通しの良い家の方が好ましいのではないかとの見方もあるかもしれません。

しかし、現実には隙間のある家は、温まりにくくて底冷えがし、さらに花粉や有害な化学物質が部屋の中に入り込んでくる恐れがあるのです。高気密な家にして省エネルギー化を図ることは、社会的な課題でもあります。夏や冬にエアコンを稼働させるのは多くの家で見られますが、隙間風があればせっかく調整した空気が外部に排出されていくのですから、これはロスが大きいと言わざるを得ません。

また機密性が高いと自然と断熱性能が高まります。そして結露を防ぐことにもつながるのです。このような意味合いから、注文住宅を建てるに際しては気密性の確保が大事な横目となってまいります。